デンマークに関するニュース

デンマークで議論されたコロナパスの正当性

  • LINEで送る

北欧デンマーク通信

デンマークの教育や生活、働き方、制度やデンマーク人の考え方について

こんにちは!デンマーク公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーターのウィンザー庸子です。

北欧デンマークで私が見聞きすること、感じることをお話しています。

最新情報をメールでお届けしています。

また、現地在住ガイドが、本当は教えたくない(?!)とっておきのデンマーク・コペンハーゲンの穴場スポット「コペンハーゲン裏スポット30」も無料ご送付しております!

よろしければ是非、こちらからご登録下さい。

www.hokuoryoko.com

***************

デンマークの人口は約580万人で、これは兵庫県の人口規模とほぼ同じとなっています。ちなみに、コペンハーゲン市の人口は市内が約65万人、市外の住宅地なども入れたコペンハーゲン圏では約130万人で、これは神戸市の人口規模に匹敵します。国土の大きさは九州くらいです。

我が家には、デンマーク人の主人、デンマーク人でもあり日本人でもある、中学校1年生と、4年生の男子2人と、1歳のちょうどお誕生日の日から保育園に入った3歳の女子1人と、日本人の私がいます。

そこで私たちがデンマークで生活する中で感じる、デンマークの教育や、仕事や、生活や制度、デンマーク人の考え方について、お話したいと思います。

*************

デンマークで議論されたコロナパスの正当性

デンマークでは、2021年4月6日から、コロナワクチンを接種したか、72時間以内にコロナ検査陰性結果を取得すると、保健省が管理する個人の健康情報を示すスマートフォンのアプリから、コロナパスを表示することが出来ます。

2021年4月6日からほとんどの地域で解禁された、美容院、タトゥーサロン、マッサージサロンでは、このコロナパスの提示が必要となっています。その後解禁された博物館や、カフェやレストランの屋外席での飲食の提供でも、コロナパスの提示が求められます。

現在デンマークでは、コロナ抗原検査が生活に身近な存在となっており、予約なしに割と近所で受けられ、20分くらいしたら送られてくるスマホのショートメッセージに書かれたリンクから、コロナパスを取得することが出来ます。

その過程では、デンマーク倫理委員会は、2021年4月7日コロナパスの導入に関する倫理的観点からの改善提案書を提出していました。

デンマーク倫理委員会のアンネ-マリー・アクス・ゲアデス会長は、

「多くの市民が、マイナンバーと検査結果またはワクチン接種記録が記載されているコロナパスを見せなければならないことに不安を抱いていると、私は思います。非常に個人的な情報ですから。」と述べます。

デンマーク倫理委員会はこの問題に対する潜在的な解決策を提示しました。

「私達は、コロナパスが問題なく取得されていることを示す、赤または緑、可または不可だけでいいと提案しています。そうすれば、これ以上の個人情報をさらす必要はなくなります。」

当初コロナパスは保健省が管理する個人の健康を示すアプリMinSundhedまたはウェブサイトsundhed.dkで表示することが出来、そこには個人番号と検査結果が記載されていましたが、2021年5月当局はコロナパスに特化したアプリを開発しました。その際には、マイナンバーが表示されなくなり、デンマーク倫理委員会の提案が採用されました。

コロナパスのデジタル化に関しても、デンマーク倫理委員会は懸念を表明していました。デジタル化に慣れていない市民にとって問題が起こりかねないからです。

上述のアンネ-マリー会長は、「どの市民も除外されてはなりません。私達はできるだけ多くの市民がコロナパスを取得できることを推奨しています。その中には、デジタルプラットフォームや当局との連絡をインターネット上で行うe-Boksを使っていない市民も含まれます。こうした市民が印刷された紙版のコロナパスまたはそれに類する方法でコロナパスを取得することが出来る可能性を残す必要があります。」と述べます。

更にアンネ-マリー氏は、コロナパスは恒久的に使用されるべきものでもないと述べます。「私達は、コロナパスが必要な対象と必要な期間に対してのみ使われるべきものであることにも焦点を当てています。多くの市民の接種が終わった時、または感染率が抑えられた時など、まだコロナパスを使うべきか常時評価して判断を下すことが重要です。必要がなくなった時には、コロナパスは廃止すべきです。」

デンマーク倫理委員会は、コロナパスが国際的にどのように使用されるかについても注視しています。

提案の一つであるコロナパスのデジタル化によって不利益を受ける市民がいる問題に関しては、既にデンマーク倫理委員会の提案が一部採用されました。

マウノス・ヘウニケ保険省大臣が、2021年4月6日、コロナワクチン接種を完了した、当局との連絡をデジタルで行うことを免除された市民には、オンラインでないワクチン接種証明書(ワクチンパス)を、2021年4月9日以降郵便で発送する決定を下し、更には、PCR検査及び抗原検査の委託先企業に、オンラインでない証明書を発行するよう指示したと、書面で国会に回答しました。

こうして、コロナパスは議論と改良を経て、現在デンマークの16歳以上の希望する市民へのワクチン接種が完了し、コロナ感染率が完全に抑えられるまで、デンマークの社会再開の切り札として使われています。コロナパスを取得して提示するというプロセスを経れば、おおよその社会的活動が戻ってきています。

また、デンマークは、EUが日本を安全国と認定し、旅行受け入れの再開を加盟国に勧告したことを受けて、日本からの入国を開放し、到着時の空港での検査はある物の、隔離や

入国に値する目的要件を撤廃して、日本からのお客様を待っています。

後は、日本帰国時の隔離がなくなれば、旅行や渡航の障害はなくなりますので、あと一歩かと思います。

皆様、どうかお体を大切になさって、状況が落ち着きましたら、いつかまた是非デンマークへのご渡航をご検討くださいませ!

****************

北欧デンマーク通信 

北欧の福祉や環境政策、さらには心地良いを意味するヒュッゲで知られるデンマーク。

国民みな共働きでワークライフバランス重視の考え方、生き方の、実際どうなの?を、

2003年からデンマークに在住の公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーター&主婦で3人の母親の、

ウィンザー庸子がお伝えします。

ウィンザー庸子のプロフィールはこちらになります。

ウィンザー庸子の連絡先はこちらになります

最新情報をメールマガジンで配信しております。

下記より是非ご登録下さい!

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・通訳・視察/撮影などコーディネーション

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」も無料進呈中!

デンマークのプライベート・ガイド サービスもご案内しています。

http://www.hokuoryoko.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

デンマークの通訳、視察商談手配、撮影コーディネ-ションはこちら

https://www.hokuobusiness.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

これまでの動画やブログはこちらからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/channel/UC6_oiBtJYKCB6iTVTj3oeMw

https://ameblo.jp/hokuoryoko

フェイスブックはこちらになります。

https://www.facebook.com/yokowinther

グリーンランドのプライベートガイド・ボートツアーもご手配申し上げます。 jp.greenlandtours.hokuoryoko.com

英語・デンマーク語の、Web通訳、電話会議通訳、オンライン通訳 onlineinterpretation.hokuobusiness.com

オンラインでデンマーク語や英語、北欧式ライフスタイルコーチング onlinedanish.hokuobusiness.com

北欧の絵本の翻訳出版

https://hokuoryoko.com/kaigaiehon.html

デンマーク語オンライン講座

https://enjoydanish.teachable.com/p/express/

日本語オンライン講座

https://enjoyjapanese.teachable.com/p/express

デンマーク公認ガイド、通訳、コーディネーター

ウィンザー庸子

www.hokuoryoko.com

www.hokuobusiness.com

  • LINEで送る

北欧デンマーク通訳・視察・撮影手配等に関するお問合せ


  • デンマークの福祉施設などのご視察の手配、

  • デンマーク企業と御社のビジネスマッチング、

  • 北欧雑貨などのお買付、

  • VIPのお客様のアテンドや特別なご滞在のご手配とご対応、

  • 撮影や取材のコーディネーション


などに関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

(お問い合わせフォームから送れない時は、恐れ入りますが、

yoko_winther@yahoo.co.jp、または+45-2195-7050までメール/お電話にてご連絡ください。)

お問い合わせはこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA