未分類

デンマークの「ハーフ」事情-もうすぐティーンエイジャー長男の悩み 2文化を持つことは、1文化も持てないことなのか。。。

  • LINEで送る

北欧デンマーク通信

デンマークの教育や生活、働き方、制度やデンマーク人の考え方について

こんにちは!デンマーク公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーターのウィンザー庸子です。

北欧デンマークで私が見聞きすること、感じることをお話しています。

最新情報をメールでお届けしています。

また、現地在住ガイドが、本当は教えたくない(?!)とっておきのデンマーク・コペンハーゲンの穴場スポット「コペンハーゲン裏スポット30」も無料ご送付しております!

よろしければ是非、こちらからご登録下さい。

www.hokuoryoko.com

***************

デンマークの人口は約580万人で、これは兵庫県の人口規模とほぼ同じとなっています。ちなみに、コペンハーゲン市の人口は市内が約65万人、市外の住宅地なども入れたコペンハーゲン圏では約130万人で、これは神戸市の人口規模に匹敵します。国土の大きさは九州くらいです。

我が家には、デンマーク人の主人、デンマーク人でもあり日本人でもある、小学校6年生と、3年生の男子2人と、1歳のちょうどお誕生日の日から保育園に入った2歳の女子1人と、日本人の私がいます。

そこで私たちがデンマークで生活する中で感じる、デンマークの教育や、仕事や、生活や制度、デンマーク人の考え方について、お話したいと思います。

*************

もうすぐティーンエイジャー長男の悩み 2文化を持つことは、1文化も持てないことなのか。。。


私の3人の子供は、当然かも知れませんが、それぞれ性格が異なっています。
11歳になる長男は、親も子も全てが初めての第一子に典型的かもしれませんが、親が勧めたわけでもないのに、自分からクラシックの歌を歌いたいと言って、デンマーク少年合唱団に入って今でも歌が大好きなことからも窺えるように、すぐ傷ついて泣いたりする、繊細な感情の持ち主です。クラスの友達とは広く友好的な関係を築いているようですが、親しい友達は限られているようです。

先日、クラスのやんちゃな子とその取り巻きの子が授業の一環で日本人が日本語を話しているのを聞いてその発音が聞き慣れないものなのでうひょ~変なのと笑ったという事態に遭遇し、日本語を話す自分のことがからかわれているように感じて泣いてしまったという出来事がありました。

しかし、その時に、なんだよ、バカにするな、知らない文化を笑うということはひどく低級な行いだって知らないのか、と友達を叱り飛ばすような威厳は持ち合わせていませんでした。私も小さい頃、友達に笑われても怒り返すような勇気を持ち合わせていない、仕方なく自分もへらへら笑い返すような、思い返すと自分に対して悔しい情けない子供でしたので、長男の気持ちが痛いように感じられました。

デンマークの子供社会の経験者である主人は、私と違って、今も趣味でほぼ毎日十数キロを走っている位なので、スポーツに対してとてもポジティブな印象を持ち、アルバイトでテニスのインストラクターをしたり、小さい頃はサッカーをしていたり、空手の黒帯も取ってみたりと、スポーツが全般的に好きで得意なので、恐らく子供時代に自分からも他人からもスポーツの場で称賛を受け、恥ずかしいと思う経験が少なかったのだろうと思うのですが、一方でデンマークの家庭に多く見られるように、両親が離婚と再婚をする過程で自己肯定感が下がる経験をしたそうで、長男が友達からやり込められるのが見ていられないらしく、友達に嫌なことをされたらどう対応したらいいかを具体的に教えこんでいました。

9歳になる次男は、第2子に典型的かもしれませんが、サッカー少年で、友達も多く、どの友達とも楽しく一緒にできることを見つけて、小さいことにはこだわらない、動じないどっしりとした性格の持ち主です。実は最近体型もなぜかどっしりしてきてしまい、お友達にからかわれたりするのではないかと心配しているのですが、お父さんに似たのか、スポーツは大好きで割と上手な為か、お友達に体型のことでからかわれたりはしていないようで、本人もあまり気にしていません。

お兄ちゃんは弟くらいの年齢の頃、友達はやらなくていい日本語の宿題を僕だけなんでやらねばならないのか、したくないなど抗議して、わんわん泣いた後に、やっぱり僕やると言ってやったのですが、弟は、私に口答えは一切しない代わりに、はーいと言いながら、はっと気づくとどこかに行ってしまっていて宿題をやっていなかったりと、他人とぶつかったりする面倒をかけずに、するするっと自分の望みを果たしているタイプです。

2歳になる長女は、まだちびっこギャングで、どんな性格に育つのか分かりませんが、お兄ちゃんたちの喧騒の中で育っているせいか、自分の意志がはっきりしていて、それを通す為にはキャーキャー叫んだり、うちの誰にも負けていません。そんな兄弟が毎日わさわさしているのが我が家の日常ですが、最近お兄ちゃんは、自分がデンマーク人としても何か足りない気がしていて、かといって日本語の能力は不十分だというふうに自覚していて、どちらの国や文化でも、外人であるような気がしていると、悩んでいます。

だから何なの、ママなんてはっきり言ってデンマークでは毎日誰がどこから見ても外人だけど、楽しく暮らしているよ、という私に、でもママは、日本では外人じゃないでしょ、という長男。でもてお(長男の名前)はデンマーク語でうちでもデンマーク語ネイティブのパパとお話して、デンマークに住んでて、デンマークの学校に行っているのに、デンマークで外人みたいな気がするの?髪が黒いから?と聞くと、髪が黒いからそう感じるわけではないそうです。

ちなみに、デンマークには、私達夫婦のように、デンマーク人と外国人のご夫婦というのはたくさんいて、私のように遠いアジアから来ている親は多くはないですが、欧州の他の国から来ている親御さんは多くいて、子供達のクラスの約半数がそういった2文化のご両親を持ちながらデンマーク人として育っている子供なので、うちの子のようないわゆるハーフは普通にたくさんいます。それでも長男は、デンマークでも、日本でも、自分が周りと少し違うことを自覚し始めたようで、それを面白いと思えるまでに消化できずに、居心地悪く感じているようです。

補習校では、土曜日に2時間ずつ日本の教科書で国語と算数を勉強しており、毎週宿題も漢字のテストも頑張っているのですが、だんだん国語の教科書にでてくる漢字や語彙が難しくなり、1行に5個も6個も読めない意味がわからない単語が出てきて、自分は日本語ができないんだという自分へのがっかり感が募っていることも、自分のアイデンティティーに疑問を持ち出したことに大きく影響しています。

複雑な環境に生まれ育っているから大変だと思うけど、ここからは自分で決めるんだよ、どちらの国でも自分もここは自分の国だと思えて、周りの人にもその国の人と思ってもらえるようになるには、その国の言葉と人々の仕草がある程度読み取れなくてはならないよ、そうなりたかったら、まずは諦めずに日本語の学習を続けることだけど、もし日本でここが自分の国と思う必要はないと思ったら、正直将来日本語を仕事に使うようになるかは不明だし、つまり日本語がお金を稼ぐツールにはならないかもしれないわけで、もう普通の会話は日本語でできるのだから、自分に自信がなくなるまで日本語の勉強をしなくてもいいのかもしれない。でも、自分で日本語をやる意味が見出せたらこれからも一緒にやろう、と言っています。

お父さんも私も1文化と1言語の中で育って、そこ以外に場所がないということに多少の閉塞感を感じたりして、外国語を学ぶのに苦労したけれど、同時に新しい世界が広がるのも感じたよ。2文化2言語を持てる、その気になれば2つの国を自分の国と思える君達は、生まれながらに2つの文化と言葉と環境を知ることができて、友達は知らないもう一つの世界を小さい頃から見てくることができて、とてもラッキーと息子たちに半ば冗談半分に言うのですが、2文化2言語を持つということは、オートマチック操作で初めから、はいこっちのスイッチ、次はあっちのスイッチと簡単に操縦できるようなものではなく、ハーフの子には、どちらにもフィットしない気がするという悩みがあるようです。

もしかしたら、うちの子たちのようなハーフの人達は、ずっとそんな感覚を持ちながら生きることになるのかもしれませんが、それでもどちらの国にいても、他の人はどう見ようが自分は何とも思わないし、自分は心地良い、という心境に至ってくれることを願ってやみません。

****************

北欧デンマーク通信 

北欧の福祉や環境政策、さらには心地良いを意味するヒュッゲで知られるデンマーク。

国民みな共働きでワークライフバランス重視の考え方、生き方の、実際どうなの?を、

2003年からデンマークに在住の公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーター&主婦で3人の母親の、

ウィンザー庸子がお伝えします。

ウィンザー庸子のプロフィールはこちらになります。

http://www.hokuoryoko.com/guide.html

ウィンザー庸子のフェイスブックはこちらになります。

https://www.facebook.com/yokowinther

ウィンザー庸子の連絡先はこちらになります

最新情報をメールマガジンで配信しております。

下記より是非ご登録下さい!

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・通訳・視察/撮影などコーディネーション

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」も無料進呈中!

デンマークのプライベート・ガイド サービスもご案内しています。

http://www.hokuoryoko.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

デンマークの通訳、視察商談手配、撮影コーディネ-ションはこちら

https://www.hokuobusiness.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

北欧デンマーク・コペンハーゲンの注目スポットを、

現地在住公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーターの

ウィンザー庸子がご紹介します。

これまでの動画やブログはこちらからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/channel/UC6_oiBtJYKCB6iTVTj3oeMw

https://www.facebook.com/yokowinther

https://ameblo.jp/hokuoryoko

グリーンランドのプライベートガイド・ボートツアーもご手配申し上げます。 jp.greenlandtours.hokuoryoko.com

英語・デンマーク語の、Web通訳、電話会議通訳、オンライン通訳 onlineinterpretation.hokuobusiness.com

オンラインでデンマーク語や英語、北欧式ライフスタイルコーチング onlinedanish.hokuobusiness.com

北欧の絵本の翻訳出版

https://hokuoryoko.com/kaigaiehon.html

デンマーク公認ガイド、通訳、コーディネーター

ウィンザー庸子

www.hokuoryoko.com

www.hokuobusiness.com

北欧デンマーク通訳・視察・撮影手配等に関するお問合せ


  • デンマークの福祉施設などのご視察の手配、

  • デンマーク企業と御社のビジネスマッチング、

  • 北欧雑貨などのお買付、

  • VIPのお客様のアテンドや特別なご滞在のご手配とご対応、

  • 撮影や取材のコーディネーション


などに関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

(お問い合わせフォームから送れない時は、恐れ入りますが、

yoko_winther@yahoo.co.jp、または+45-2195-7050までメール/お電話にてご連絡ください。)

お問い合わせはこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA