デンマークに関するニュース

デンマーク最大の市中銀行の資金洗浄スキャンダル

  • LINEで送る

北欧デンマーク通信

デンマークの教育や生活、働き方、制度やデンマーク人の考え方について

こんにちは!デンマーク公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーターのウィンザー庸子です。

北欧デンマークで私が見聞きすること、感じることをお話しています。

最新情報をメールでお届けしています。

また、現地在住ガイドが、本当は教えたくない(?!)とっておきのデンマーク・コペンハーゲンの穴場スポット「コペンハーゲン裏スポット30」も無料ご送付しております!

よろしければ是非、こちらからご登録下さい。

www.hokuoryoko.com

***************

デンマークの人口は約580万人で、これは兵庫県の人口規模とほぼ同じとなっています。ちなみに、コペンハーゲン市の人口は市内が約65万人、市外の住宅地なども入れたコペンハーゲン圏では約130万人で、これは神戸市の人口規模に匹敵します。国土の大きさは九州くらいです。

我が家には、デンマーク人の主人、デンマーク人でもあり日本人でもある、中学校1年生と、4年生の男子2人と、1歳のちょうどお誕生日の日から保育園に入った3歳の女子1人と、日本人の私がいます。

そこで私たちがデンマークで生活する中で感じる、デンマークの教育や、仕事や、生活や制度、デンマーク人の考え方について、お話したいと思います。

*************

デンマーク最大の市中銀行の資金洗浄スキャンダル

2021年4月、デンマーク最大の市中銀行であるダンスケバンクの頭取、クリス・ヴォゲルザング氏が、2年未満の任期で退任しました。

頭取の退任は、オランダ人であるクリス氏が、オランダ当局が資金洗浄防止法に対する違法行為を行った可能性があると指名した後に、証券取引所への通知として発表されました。

この発表後、ダンスケバンクの株価は一気に下落しました。

「私はオランダ当局の決定に大変驚いています。ABNアムロ銀行を辞めたのは4年前のことで、専心と融合を持って取締役としての責任を果たしたと確信しています。」

と、クリス氏は述べます。

クリス氏は2009年から2017年にかけてABNアムロ銀行の取締役の一人でした。この期間の業務に関してオランダ当局は、クリス氏が資金洗浄防止を怠ったのではないか調査をしています。

「疑義の対象になっているということは、逮捕されたということと同義ではありません。しかしダンスケバンクがエストニアの資金洗浄犯罪に関わったということがあり、それが収束していない中で、資金洗浄を防ぐという取り組みにおいてダンスケバンクが置かれているこの特別な状況を鑑み、私個人に対する疑義がダンスケバンクの発展を阻害することを望みはしません。」

2年間に渡って取締役を務めたゲリット・ザルム氏も、同時に取締役を退任します。

ダンスケバンクの取締役であるカーステン・デュヴェド氏は、

「クリス・ヴォゲルザング氏に別れを告げなければならないことを残念に思います。ダンスケバンクの立て直しと、既に得られている前進と結果に、不可欠な方でした。私達は彼の決断を理解し、また尊重し、その尽力に感謝しています。」

と述べます。

ダンスケバンクの株式を20%所有する、A.P.ムラー・ホールディングのロバート・ウグラ社長も、クリス氏の貢献を称えます。

「クリス・ヴォゲルザング氏は、ダンスケバンクの立て直しに大きく貢献し、株主として彼の指導力と尽力に感謝しています。後任となるカーステン・エゲリース氏が、ダンスケバンクの多くの優秀な行員によって生み出された成果を、更に前進に導くことを祈念します。」

問題は、2014年から2020年にかけてオランダでABNアムロ銀行が、資金洗浄防止への対策を取ることを怠ったということにあります。

新たな顧客の承認方法、取引の監視、特定の顧客との関係の終了において資金洗浄の防止策を取らなかったことが、ABNアムロ銀行を資金洗浄に利用することを可能にしたと、2021年4月21日、同銀行は発表しました。

ABNアムロ銀行のロバート・スワーク頭取は、

「銀行は、金融システムを犯罪に利用されることから守る為に最大の努力をするという、法的のみならず倫理的な義務も負っています。この課題に対処することで、安全な社会の構築に寄与することが出来ます。残念ながら、私達はゲートキーパーという重要な任務を十分に果たすことが出来なかったことが見て取れます。」

と述べています。

同銀行は、36億クローネ(約643億円)の行方をつかんでいないことを数年間認識していました。

2015年同銀行は、ドバイ支店が資金洗浄の管理を怠っていたことにより、オランダ中央銀行及びドバイ金融監査庁から罰金を受けました。

その当時、クリス・ヴォゲルザング氏は同銀行の頭取で、この問題の後始末をしていました。

2019年クリス氏がダンスケバンクの頭取に就任する際、あるインタビューで彼は以下のように答えていました。

「6年前に起こったこの問題から私が学んだのは、問題が起こったらすぐに対処し、再び起こらないよう処置を施すということでした。当時私達が取った対応策は、金融当局から正しい方法だったと評価されました。」

クリス氏がダンスケバンクの頭取に就任した際、取締役代表ノカーステン・デュヴェド氏は、資金洗浄問題に対する経験は強みとなると言っていました。

「問題を持ってこなかった銀行家は少ないと思われます。ですので、それが問題とはなりません。ABNアムロ銀行が取った対応は非常に効果的で迅速でした。従って、クリス・ヴォゲルザング氏が、ダンスケバンクがこのような状況にある中で、私達も使える経験を有しているということは価値であると考えています。」

ダンスケバンクの新しい頭取となるカーステン・エゲリース氏は、イギリスのバークレイ銀行で2007年から2017年危機対策責任者を担った後、約4年間ダンスケバンクの取締役兼危機対策責任者を担ってきました。彼は、ここ数年の同銀行の危機対策の強化と、コロナ危機への対応の中心的な役割を果たしてきたと、取締役代表カーステン・デュヴェド氏は述べます。

カーステン・エゲリース氏は、

「私達は、クリス氏がダンスケバンクの為に果たした多大な貢献に感謝しています。ダンスケバンクを新しい道筋に置き、管理職を本当の意味でチームにして下さったことに個人的に大きな価値を感じています。今後は私及び管理職の課題は、私達の優秀で献身的な職員がよりよく職務を全うできるように導くことで、これを行うことを楽しみにしています。」

と述べています。

クリス・ヴォゲルザング氏は、2019年7月ダンスケバンクの頭取に就任しました。その前は短期間頭取を務めたイェスパー・ニールセン氏、更にその前はダンスケバンクの資金洗浄問題で退任したトーマス・F・ボーアン氏が頭取でした。

デンマーク最大の市中銀行の頭取が前職での資金洗浄疑惑で退任

デンマーク最大の市中銀行であるダンスケバンクの頭取クリス・ヴォゲルザング氏は、2009年から2017年にかけて、オランダのABNアムロ銀行の頭取でした。

ABNアムロ銀行で頭取を務めた期間に、オランダ不服申立機構によると、複数の指標から、同銀行が資金洗浄防止策を取ることを怠っていた可能性があります。ABNアムロ銀行はこの潜在的違法行為に対して、2021年4月20日オランダ政府に36億クローネを支払うことで調停しました。

オランダ政府は同時に、当時同銀行の頭取だったダンスケバンクの頭取クリス・ヴォゲルザング氏に対して、この事件の調査に関連する多くの疑惑を指摘しました。これを受けて、クリス氏はダンスケバンクを辞任することを決定しました。

クリス氏は2021年4月19日、ダンスケバンクの証券取引所通知において、オランダ政府の決定に驚いているが、オランダの事件がダンスケバンクに及ばないよう、ダンスケバンクを辞任することを選んだと述べています。

「嫌疑をかけられている私の立場は、逮捕されたということを意味しませんが、エストニアでダンスケバンクを通じて資金洗浄が行われたという事件がまだ解決に至っておらず、ダンスケバンクが資金洗浄防止に特に注視しているという、ダンスケバンクの状況を鑑みると、私への疑惑がダンスケバンクの今後の発展の邪魔になってはいけないという結論に達しました。」

オランダ不服申立機構の見解は以下の通りです。

「犯罪捜査は、ABNアムロ銀行内で、問題が実態よりもよく見せられるという企業文化があったことを示唆しています。」

ABNアムロ銀行が、新規の顧客、顧客データを全く精査しなかったか、精査に不備があり、疑惑のある事項に関して当局への申告が遅れた為に、犯罪者が同銀行を通じて当局に逮捕されることなく資金洗浄を実施することが出来てしまったのでした。

例えば、2014年から2018年にかけて、97企業の株主兼社長だった一人の顧客が、49企業の名で192もの口座を同銀行に開設していました。そしてその口座の多くは使用されていませんでした。

この顧客は複数の企業に関して、106の偽の四半期確定申告書を提出し、150万クローネ弱を税務署から企業口座に入れていました。その後この顧客は、この企業口座から89万クローネを同銀行にある自分の個人口座に送金し、その大半を現金として引き出すか使ってしまいました。

ABNアムロ銀行はこの異常な取引に関して、顧客のことも顧客の企業のことも、捜査が始まるまで、当局に申告していませんでした。捜査時に、ABNアムロ銀行は、この顧客を危険の可能性が低いカテゴリーに分類していたことが分かりました。

また、危険の低いカテゴリーに分類されていた、従って資金洗浄の危険があると評価されていなかった別の顧客は、ある問屋の財務部門に勤務していました。

この顧客は、ギャンブル依存症の為に借金があり、その口座は常に赤字でした。ABNアムロ銀行は、口座が赤字であることと、第三者に借金があることを認識していました。ギャンブルの斜金を返済する為に、顧客は自分が勤める会社の債務者として自分を指定し、個人口座にお金が振り込まれるようにしていました。その結果、9か月間で約3200万クローネ(約5億7200万円)が顧客の個人口座に送金されました。更には、約3120万クローネが(約5億5700万円)が顧客の個人口座から様々なオンライン送金サービス業者に振り込まれ、ギャンブルに使われました。

「ABNアムロ銀行は、債務返済追行を十分に行っていませんでした。顧客ファイルは不完全で、同銀行の取引を監視するシステムには、通常の取引からの逸脱を警告する機能がありませんでした。」とオランダ不服申立期間は述べています。

更に、オランダ不服申立機関が疑惑を呈する、「世界最大規模の汚職事件」に関与している疑いのあるオランダ企業が、ABNアムロ銀行に2つの口座を有していました。これらの口座を通じて、2010年から2017年にかけて、この企業から1千万から9億クローネ(1億7千万-160億円)もの支払いが行われていました。

「2015年から全国的および国際的な汚職事件がメディアで取り上げられてきました。そうした状況の中、ABNアムロ銀行は、汚職事件に関与している企業の取引を、様々なメディアの調査や、ABNアムロ銀行の監視システムに対して数々の警告が発せられていたという事実にもかかわらず、2019年3月に異常な取引を申告するまで、申告していなかったのです。」

ABNアムロ銀行が債務返済追行を顧客に対して行う何年も前から、この顧客企業の複数の口座は使用されていただけでなく、同銀行が把握している文書には不備がありました。特に、顧客企業の組織構造の全体像を記した文書がありませんでした。

最終的にこの2つの口座は、そのオランダ企業に問い合わせをした際に、顧客企業自身によって閉鎖されました。

実は、ABNアムロ銀行が資金洗浄にかかわりを持ったのは、これが初めてではありませんでした。2015ンんに、同銀行は、ドバイ支店が資金洗浄管理を適切に行っていなかったことから、オランダ中央銀行より罰金を命じられています。

その当時クリス・ヴォゲルザング氏は、同銀行の取締役の一人で、この問題の後始末を担当する一人でした。

クリス氏は、2019年にダンスケバンクの頭取に就任した際、デンマーク国営放送のインタビューで、以下のように語っていました。

「6年前に起こった事件から学んだことは、迅速に反応して、再び起こらないようにしなければならないということでした。当時私達が取った対応は、金融当局から優れた対応だったと評価されました。」

クリス・ヴォゲルザング氏がダンスケバンクの頭取に就任した際、取締役代表カーステン・デュヴェド氏は、資金洗浄に関する栗栖氏の経験は、ダンスケバンクの強みとなると語っていました。

「問題を抱えたことのない銀行というのは多くないと思います。重要なのはそこではありません。ABNアムロ銀行が資金洗浄の問題に迅速かつ効果的に対応することを選択したことから、クリス・ヴォゲルザング氏は、同様の状況にある私達も使える経験を有しておりダンスケバンクにとって更なる価値となると考えています。」

2021年4月19日ダンスケバンクの頭取の人選を後悔しているかと尋ねられたカーステン・デュヴェド氏は、頭取の候補者を探す際には可能な限りの調査をしたので、ダンスケバンクが現在の状況に陥ってしまったことに驚いていると答えました。 「クリス・ヴォゲルザング氏を採用したのは、当時私達は彼が最良の頭取候補者だと評価した為です。」

****************

北欧デンマーク通信 

北欧の福祉や環境政策、さらには心地良いを意味するヒュッゲで知られるデンマーク。

国民みな共働きでワークライフバランス重視の考え方、生き方の、実際どうなの?を、

2003年からデンマークに在住の公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーター&主婦で3人の母親の、

ウィンザー庸子がお伝えします。

ウィンザー庸子のプロフィールはこちらになります。

ウィンザー庸子の連絡先はこちらになります

最新情報をメールマガジンで配信しております。

下記より是非ご登録下さい!

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・通訳・視察/撮影などコーディネーション

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」も無料進呈中!

デンマークのプライベート・ガイド サービスもご案内しています。

http://www.hokuoryoko.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

デンマークの通訳、視察商談手配、撮影コーディネ-ションはこちら

https://www.hokuobusiness.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

これまでの動画やブログはこちらからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/channel/UC6_oiBtJYKCB6iTVTj3oeMw

https://ameblo.jp/hokuoryoko

フェイスブックはこちらになります。

https://www.facebook.com/yokowinther

グリーンランドのプライベートガイド・ボートツアーもご手配申し上げます。 jp.greenlandtours.hokuoryoko.com

英語・デンマーク語の、Web通訳、電話会議通訳、オンライン通訳 onlineinterpretation.hokuobusiness.com

オンラインでデンマーク語や英語、北欧式ライフスタイルコーチング onlinedanish.hokuobusiness.com

北欧の絵本の翻訳出版

https://hokuoryoko.com/kaigaiehon.html

旅行で必要な会話に特化した英語講座

-これで乗り継ぎも、チェックインも、オーダーも怖くない!

速習旅行英語・必須表現100

https://enjoydanish.teachable.com/p/travelenglish/

デンマーク語オンライン講座

https://enjoydanish.teachable.com/p/express/

日本語オンライン講座

https://enjoyjapanese.teachable.com/p/express

デンマーク公認ガイド、通訳、コーディネーター

ウィンザー庸子

www.hokuoryoko.com

www.hokuobusiness.com

北欧デンマーク通訳・視察・撮影手配等に関するお問合せ


  • デンマークの福祉施設などのご視察の手配、

  • デンマーク企業と御社のビジネスマッチング、

  • 北欧雑貨などのお買付、

  • VIPのお客様のアテンドや特別なご滞在のご手配とご対応、

  • 撮影や取材のコーディネーション


などに関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

(お問い合わせフォームから送れない時は、恐れ入りますが、

yoko_winther@yahoo.co.jp、または+45-2195-7050までメール/お電話にてご連絡ください。)

お問い合わせはこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA