デンマークに関するニュース

デンマークの高齢者入居施設で設けられたコロナ規則

  • LINEで送る

北欧デンマーク通信

デンマークの教育や生活、働き方、制度やデンマーク人の考え方について

こんにちは!デンマーク公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーターのウィンザー庸子です。

北欧デンマークで私が見聞きすること、感じることをお話しています。

最新情報をメールでお届けしています。

また、現地在住ガイドが、本当は教えたくない(?!)とっておきのデンマーク・コペンハーゲンの穴場スポット「コペンハーゲン裏スポット30」も無料ご送付しております!

よろしければ是非、こちらからご登録下さい。

www.hokuoryoko.com

***************

デンマークの人口は約580万人で、これは兵庫県の人口規模とほぼ同じとなっています。ちなみに、コペンハーゲン市の人口は市内が約65万人、市外の住宅地なども入れたコペンハーゲン圏では約130万人で、これは神戸市の人口規模に匹敵します。国土の大きさは九州くらいです。

我が家には、デンマーク人の主人、デンマーク人でもあり日本人でもある、小学校6年生と、3年生の男子2人と、1歳のちょうどお誕生日の日から保育園に入った2歳の女子1人と、日本人の私がいます。

そこで私たちがデンマークで生活する中で感じる、デンマークの教育や、仕事や、生活や制度、デンマーク人の考え方について、お話したいと思います。

*************

デンマークの高齢者入居施設で設けられたコロナ規則

デンマークでは、高齢者入居施設に住む方の85%に対してコロナワクチンの接種が完了しています。しかし、依然として高齢者入居施設では、コロナ対策の厳しい規則が設けられています。

これに対して、デンマーク高齢者協会は高齢者入居施設がいつ外に対しての門戸を空けることができるのかの計画を示すよう、政府に要請しています。

デンマーク高齢者協会の事務局長、ビヤーネ・ハストロップ氏は、「コロナワクチンの接種によって、コロナ感染拡大リスクがなくなったと言えるのか、政府が評価すべき時期に来ています。その評価に応じて、高齢者入居施設が外への門戸を開放できるのか判断し、開放計画を立ててほしいのです。」と述べます。

「コロナ対策で設けられた規則は、コロナ感染拡大には意味があるものに違いありませんが、高齢者入居施設の入居者の間で、孤独が深刻な問題となり、精神衛生に影響を与えています。人間が生きていくには、誰かと散歩に出かけたりといった刺激が必要だからです。身体能力の状況も悪化しました。」

この要請に応えて、保健省マウヌス・ヘウニケ大臣は、2021年2月11日ツイッターにて、コロナワクチンの接種をした高齢者入居施設に入居する高齢者は、訪問の制限を緩和することができると述べました。

100歳になるトーヴェ・アリス・マンスウェル氏は、訪問規制ができてから孤独であると言い、高齢者入居施設が外部に対して解放されるべきだと考えています。「自分は自由な小鳥でしたが、翼を失われて、何もできなくなりました。高齢者入居施設内で座って言うことを聞かねばならないだけの年取った馬鹿になった気分です。」

トーヴェ氏は、日常生活も大きく変化してしまったと言います。「毎日同じ車いすに座っているだけです。音楽もなくなり、何も起こらなくなってしまいました。隣に住む友達を尋ねることも許されていません。どうしてかわかりません。彼女も自分と同じように子孤独だというのに。」

「問題は、まだ高齢者入居施設の職員にコロナワクチンが接種されていないことにあります。このことは高齢者入居施設が外部に門戸を開くことの妨げにはなりませんが、職員がコロナのテストを受ける明瞭な規則が必要となります。」と就労者連盟医療介護部門代表のトーベン・クリトムラー・ホルマン氏は述べます。「介護従事者が必要とされる中で、彼らを守れるような規則を設けて遵守できるかにかかっています。」

ロスキレ大学の数学的感染症学者ヴィゴ・アンドレアセン氏は、高齢者入居施設を外に対して開放するのは、今はまだ危険が高いとしています。「感染力の強い英国型変異種B117の感染者が高まってきています。今後収集艦で高齢者を訪問する人の感染率が高まるでしょう。」しかし同時にヴィゴ氏は、ほとんどの入居者がワクチン接種を終え、抗体を取得し始めた今、外部への開放を具体的に検討する時期に来てもいると述べます。

デンマーク国会でも、多くの議員がデンマーク高齢者連盟の要請に同調しています。ちなみに、デンマーク高齢者連盟は、高齢者の生活を充実させるアクティビティーのプログラムを企画、提供する団体である一方で、多くの票を有する、高齢者施策に関するロビー団体でもあります。

保守人民党の医療代表議員であるペア・ラーセン氏は、高齢者の置かれている状況は悲惨なものだと述べます。「高齢者が日常生活と生きる意義を取り戻せるよう、高齢者入居施設が外部に開放できる方法を探るべきです。ワクチン接種が終わり、衛生対策もできるようになった今、開放に向けて計画を立てることが可能なはずです。」

野党ヴェンストラの高齢者問題代表議員であるイェーネ・ヘイトマン氏は、高齢者入居施設が親族の訪問を受けられるようにする計画を立てる時期に来ていると述べます。「医療関係者の意見を聞き、重篤化の可能性のある方や高齢者を守る必要がありますが、ワクチン接種、職員や親族のコロナ検査、感染経路把握といった対策を取ることによって、高齢者入居施設を外に開放することは可能となるはずです。」

与党社会民主党も、高齢者入居施設が外部からの訪問を受けられるようにしたいと考えており、保健省大臣および患者安全庁社会民主党とコロナ対策委員会で方針を探る予定だと医療代表議員キアステン・ノーマン・アナセン氏は述べています。

****************

北欧デンマーク通信 

北欧の福祉や環境政策、さらには心地良いを意味するヒュッゲで知られるデンマーク。

国民みな共働きでワークライフバランス重視の考え方、生き方の、実際どうなの?を、

2003年からデンマークに在住の公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーター&主婦で3人の母親の、

ウィンザー庸子がお伝えします。

ウィンザー庸子のプロフィールはこちらになります。

ウィンザー庸子の連絡先はこちらになります

最新情報をメールマガジンで配信しております。

下記より是非ご登録下さい!

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・通訳・視察/撮影などコーディネーション

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」も無料進呈中!

デンマークのプライベート・ガイド サービスもご案内しています。

http://www.hokuoryoko.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

デンマークの通訳、視察商談手配、撮影コーディネ-ションはこちら

https://www.hokuobusiness.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

これまでの動画やブログはこちらからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/channel/UC6_oiBtJYKCB6iTVTj3oeMw

https://ameblo.jp/hokuoryoko

フェイスブックはこちらになります。

https://www.facebook.com/yokowinther

グリーンランドのプライベートガイド・ボートツアーもご手配申し上げます。 jp.greenlandtours.hokuoryoko.com

英語・デンマーク語の、Web通訳、電話会議通訳、オンライン通訳 onlineinterpretation.hokuobusiness.com

オンラインでデンマーク語や英語、北欧式ライフスタイルコーチング onlinedanish.hokuobusiness.com

北欧の絵本の翻訳出版

https://hokuoryoko.com/kaigaiehon.html

デンマーク語オンライン講座

https://enjoydanish.teachable.com/p/express/

日本語オンライン講座

https://enjoyjapanese.teachable.com/p/express

デンマーク公認ガイド、通訳、コーディネーター

ウィンザー庸子

www.hokuoryoko.com

www.hokuobusiness.com

北欧デンマーク通訳・視察・撮影手配等に関するお問合せ


  • デンマークの福祉施設などのご視察の手配、

  • デンマーク企業と御社のビジネスマッチング、

  • 北欧雑貨などのお買付、

  • VIPのお客様のアテンドや特別なご滞在のご手配とご対応、

  • 撮影や取材のコーディネーション


などに関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

(お問い合わせフォームから送れない時は、恐れ入りますが、

yoko_winther@yahoo.co.jp、または+45-2195-7050までメール/お電話にてご連絡ください。)

お問い合わせはこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA